着痩せして見えるためのコーディネート

着痩せするコーディネート

自分自身の体格にふさわしい着痩せの方法は何通りもありますが、その他にもうまく利用すればかなり見た目を変えられるアイテムがあります。

例にとってみると、冬に活躍するタートルネックのセーターに関しては、オフタートルネックを使ったほうが顔を小さく首周りがすっきりとした感じになります。

着痩せのためにカラータイツを活用するなら、なるべく濃いめで、靴と同じような色を選ぶと、足長効果が期待できます。

スキニーを履けば足がほっそりと見えるということで相当数の女性が着ていますが、着痩せすることが可能なのはスキニー以上に、ブーツカットのジーンズになります。

ブーツカットの裾を長めにして、ヒールを有効活用して足が長い雰囲気を出すようにすることを推奨します。

ジャケットは繋がるアイテムの一種で、スリムな雰囲気にしたいなら丈が腰のところまであって肩幅は若干小さめのものを選ぶのがポイントです。

加えて、ウエストラインからチョット上のところで絞ってあるものが好ましく、袖についても細い手首が目立つように折って羽織れるタイプがベストです。

体型を悟られないように、自身のサイズより大きいサイズのものを取り入れる人がたくさんいますが、それではいけません。

体のシルエットをわからなくするために選んだのに、逆に太って見えるかもしれません。

自分にちょうどいいサイズの服を身に纏い、一緒に合わせる小物をうまく使って、周りの視線を操作するようにしましょう。

服の組み合わせ方やカラーの選択次第で、楽に他の人に与える印象を変えることが可能なのです。